自動車リサイクルの仕組み

資源の再利用のためにリサイクルが今でも進んでいますが、その対象として自動車も含まれています。
しかしリサイクルをして何になるかと疑問に思う方もいることでしょう。では実際にこれをして何になるかというと車というのは乱暴にいってしまえば鉄とアルミの塊でもあります。なので昔からその重量の大半がリサイクルされていましたが、その残りのシュレッダーダストの部分が処理に問題が出てきてしまい、更には温暖化に対するフロン類の処理の問題やエアバッグの安全な処理の仕方といった問題も出てきました。そうした問題から法で定めてその処理を適正なものへとしています。ガリバー評判
仕組みとしてはまずはその対象となる車をフロンの回収業者へと引き渡してフロン類の回収をし、次に解体業者に引き渡してエアバッグの回収をします。そしてその後はシュレッダーマシンにかけ、金属とシュレッダーダストに分けます。そして回収されたフロン類、エアバッグ、そしてシュレッダーダストはメーカーや業者に渡されてそれを適正に処理をするといった感じになっています。ようするに仕組みとしてはそれぞれの業者で定められた処理をしているということになっています。手間はかかってますが、こうして適材適所として処理することで問題をクリアしたということです。
テクスチャー16