メーカーの取り組み

自動車のリサイクルは大切なことではありますが、その費用は所有者が負担することが前提となっているため、メーカーでもたくさんの取り組みで工夫をしています。
リサイクルにかかる費用を考えると顧客も消費を控えることが予想できるので、新車の購入に影響が出てしまうことと思われます。
このようなことになってしまうと新車を扱うディーラーでは売上が下がってしまうことになり、とても大きな問題となります。
そのため、とてもたくさんのサービスを提供して工夫をしています。
リサイクルにかかる費用の分だけ割引を行ったり、オプションを付けることができたりと、顧客が嬉しいサービスをアピールしているところや、新車販売後のメンテナンスを行う契約にしているところもあり、各店舗毎で様々な取り組みが行われています。
対策を講じている店舗が当たり前ともなってしまっているため、各店舗大きな差は生まれてはいませんが、顧客にとって選ぶ基準が増えた形となっており、買い控えにはならないと期待をされています。
自動車ディーラーは減税申請や消費税と、税金への対策をすることが大変多いため、とてもたくさんの工夫をしていかなければなりません。
その分顧客が満足できるサービスが提供されることとなっています。
テクスチャー19